音楽・文学・絵画
       行き当たりばったり

それぞれのタイトルをクリックして
各ページへ進んでください。

 
 

イメージ01
イメージ02
イメージ03
イメージ04
シャンソン・フランセーズ、カンツォーネ・ディ・イタリア、クラシカル・ミュージックの歌詞を訳しました。
「歌の対訳」で訳した詩を、できるだけ原詩に近い表現で訳詩にしたほか、曲だけのものに詩を付けた作詞もあります。
作品の底流にユーモアを交えた社会風刺を織り込み、絵画などの藝術表現を文章に転換した漱石の小説を読み解きます。
シャンソン・フランセーズの会報誌に載せたエッセイのほか、短歌・俳句・川柳があります。

               


三毛乱治郎の
気まぐれ日記

縁は不思議。出会いは輪になって廻る。思わぬ人と行き会います。



  
藝術鑑賞レポート

絵画展・コンサートの鑑賞レポートです。


創作料理の
オペラ座食堂

音楽作品などのタイトルを模したメニューです。
我が創作品の展示室です。

 LINK   東京理科大学近代科学資料館   http://www.tus.ac.jp/museum/
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3  TEL:03-5228-8224 FAX:03-5228-8116 休館:日曜・月曜・祝日・大学の休業日 / 入館無料 10:00~16:00  
企画展・関連イヴェントなどの詳細情報は、上記ホームページでご確認ください。
東京物理学校の外観を復元した建物の中には、古代からの計算道具が展示されている他、夏目漱石ゆかりの人物の資料も。理科・文化ともに必見。ここはわが国有数の江戸時代の和算書、明治初期の理数教科書の所蔵館でもある。

                                   TOPへ戻る
NEWS
                               2018年(H30年)

                        ~上野の山 散歩人・平木巖氏の季節のお便りを添えた~
                    上野公園内 美術展・イヴェント情報
                   上野の山便りH30年12月号  


           
chanteur  庄司 淳 スケジュール H30年12月~H31年2月


         毎年5月の第3土曜日はおススメ!コーラス T&KSINGERS
        次回は2019年5月18日(土)第48回コンサート 18:00開演 メルパルクホール
          ~深澤茂行が描いたW.ディズニーの世界~



  
 
美術館・博物館・展示会場への入館(入室)は閉館(閉場)時間の30分前までです 

 
Event





🌸明治150年記念~平成30年春から名古屋―秋田―京都―東京―大巡回展 
 華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―





 ご紹介 
浮世絵師(歌川猫重)紹介
歌川猫重「猫街道三拾三次」(絵と文:シュー・ヤマモト)

猫重による猫ギャグ入り解説付き ¥2,200+税(ニャ千円ちょっと)
旅は猫連れ、世はニャさけ。浮世絵の中に江戸のドラマがある。
発行所「株式会社求龍堂」ホームページからも買えます。
http://www.kyuryudo.co.jp 
影絵で作り出す、光と影の藝術世界
画家と共に生きる猫たちが描かれた風景、他。
栃木県那須郡那須町湯元203
TEL:0287-74-2581
http://www.fujishiro-seiji-museum.jp 
飛び猫
猫の写真集は多いけれど、これはテーマも構成バランスも良く心地よい。
命がけの飛翔、穏やかな休息、自然と共存して欲得なく、彼らは"生きて"いる。
五十嵐健太
株式会社KADOKAWA  ¥1,200(税別)
夏目漱石という人を知る
年代順に出逢った人々との「心のふれ合い」を通して見る漱石の人生。
明治時代の香りと明るく飾らない漱石の人柄が感じられる、気取らない「読み物」
原武 哲〈代表〉 石田 忠彦 海老井 英次 編
笠間書院 ¥5,500(税別)
 
ねこの京都
猫を愛する世界的動物写真家の一冊。「世界ネコ歩き」シリーズの猫たちは、それぞれの土地の文化色を持っているが、京都の猫の眼差しには、特に内に秘めた意志の強さを感じる。文化財を傷つけずに、伝統の中で暮らしている猫たち。人と猫、猫と猫、お互いの尊重が息づく街。京都ならではの鮮やかな色彩の広がる背景が心を惹きつける。

岩合 光昭
株式会社クレヴィス ¥1,600+税

ご来場ありがとうございます。  PAGE TOP   日傘順子 Junko Higasa